名古屋のクリエイティブユニットWELDのホームページ

#

0

JOURNAL #53

わさびの効いた海鮮丼

寒いです。。。

寒いのがとにかく苦手な私は先ほどまで、

フライング気味に石油ストーブを磨いておりました。

季節の変わり目は衣替えだったり

その季節にあった道具を準備するのが何よりも楽しいですね。

冬も本番に差し掛かる頃には

このストーブでお湯でも沸かしてあったかいコーヒーを入れ

ブランケットにくるまり

マグカップをふーふーして

曇るメガネを下にずらし

本でも読みふけっていることでしょう。

それはさておき、
今週末は常滑クラフトフェスタに出店していました。

年1の2デイイベントでは一番近い場所でしたので
入り時間は早かったですが万事スムーズで
イベント自体もゆるい雰囲気、
私たちはこれまでのイベントの中でもかなりいい結果になりました。

今回は近いこともあり

友人知人が入れ替わり立ち代り来てくれて

ワイワイやれたので楽しかったです。

みなさんありがとうございます。

またきてね。

そして何より今回はこれまで以上に

同じ作り手の方々と色々な話ができたのが良かったです。

特に横で出店されていた陶芸家の女性は

イベントで数回一緒になったこともあって

よくお話しさせていただきました。

女性的で綺麗なフォルムの陶器をつくられています。

(もう少し発信力がつけばちゃんとご紹介します)

そしてこれまたもう一人の女性の陶芸家さんもご友人で

今度、一緒に出店になったら夜は一緒にキャンプしようと盛り上がりました。

お二人ともそれぞれ作風は違いますが、

それぞれに作りたい雰囲気や魂を感じられるものを作られているので

今後もお互い作り手としていい関係性を気づけたらいいなと思います。

やっぱりクラフトフェアの醍醐味はそこなんですよね。

みんな何かにとらわれることなく

作りたいものを作っている。

どのイベントもその内容はカオスで、

その中から自分の感性と共鳴するものを見つけた時の快感はたまりません。

イベントの雰囲気に統一感を持たせるのも

ブランディングの観点ではいいと思いますが

やっぱりそれだけでは

私にとっては「わさびの効いていないお寿司」なんです。

作風でも、人間性でも、思想でもなんでもいい。

だってわさびが効いていないと美味しくないでしょ。お寿司。

イベント初日にそこそこ売上が立ったので

いつも手伝ってくれる仲間と一緒に海へ行き海鮮丼を食べました。

もちろんわさびが効いてて最高に美味しかったです。

いいなぁ海沿いの町。。。

夜はりんくうのショッピングセンターに併設された銭湯へ。

身も心もスッキリして

私が「美フレッシュ」

もう一人(木工)が「ストレスケア」

というフレッシュジュースを飲んでいると

もう一人(陶芸)が上がってきて、

飲み物はキャンプ場のビールまで我慢すると頑固になっていたのですが

さすがに喉は渇いてるらしく、

目の前にちょうど水素水販売サーバーに負けて

「俺、水素水飲むわ」と宣言し、

お金を入れると、サーバーからちょろちょろと垂直に水素水が流れ出るだけ。

水素水は専用のボトルを買わなければいけなかったのです。。。

あらゆる手を尽くしてその水素水を飲もうとするのですが

かえってストレスがたまり、

結局プリプリしながら「ストレスケア」を飲んでいました。

これには一同大笑い。

とにかく楽しい1日でした。

これからは来月のイベントでひとまず落ち着くので

新作をじっくりと作りためていきたいと思います。

以上、常滑クラフトフェスタ出店日記でした。

ご購入いただいたお客様、

遊びに来てくれた友人たち、

同じ作り手の皆様

実行委員の皆様

楽しい記憶をありがとうござました。