名古屋のクリエイティブユニットWELDのホームページ

#

0

JOURNAL #10

見えないものでつながる

私たちの食器を作る製作現場です。
今日も濃密なミーティングができました。
いいモノができそうです。
彼とも大学以来、公私ともに仲良くしています。
家業である生産ラインにのせた陶食器製作から、ろくろ、手捻りと個人作家としても日々活動しています。
私たちのモノづくりでは、あまりメールなどのやり取りをしません。
コミュニケーションは言葉、文字といった50音の限界を越えて、
実際に顔を付き合わせ、自分の目に映る相手の表情や温度感、リアクションなど
微妙なニュアンスで伝わるものこそ価値があると考えているからです。

見えないものでしっかりとつながっている。

ちょうど野球のショートとセカンドのように。
(この感覚はやったことがないとわからないかもです)

だから目をあわせればくすっと笑う。
それが何なのかはっきり分かるんです。