名古屋のクリエイティブユニットWELDのホームページ

#

0

JOURNAL #40

2つの出店

本当に時が経つのはあっという間ですね。
私達WELD SUPPLY COも
昨年の9月からモノづくりをはじめて半年ほど経ちました。

facebookで告知させていただいたように
5月の第3週末は飯田クラフト、
第4週末は立山クラフトと2つの出店が待っています。

いかんせんモノづくりの集団ですので、
料理するのはめっぽう得意なのですが、
作ることに夢中になりすぎて
なかなか厨房から出られないのがアレなとこです。。。

厨房からホールに出るとなると
もちろんそれなりの格好に着替えなければなりませんし
厨房内では許される鋭い目つきも
ホールでは自然な微笑みのスマートさが必要です。

「作る」と「売る」はそれくらい違うんですよね。

いいかげん厨房で包丁をただただ研ぎ続けていてもしょうがないので、
そして何よりあたたかくなって気分も開放的になってきたので、
この春、それなりの商品を揃えた上でイベントへの応募を開始しました。

とは言うものの私達のようなユニットはあまり無いようで、
ルールにはまらないという判断をいただいたイベントも
2件ほどありました。

そんな中この2つのイベントにはすんなり受け入れてもらえたことに

ただただ感謝するばかりです。

選んでいただいたからには、イベントを盛り上げないとですね。

このイベントに来て良かったと思ってもらえるよう、
私達も小さな力ではありますが全力で頑張りたいと思います。

それに何より買い手、使い手の顔が見えるのが
やっぱり一番嬉しいことです。

自分たちの作ったものを実際に買ってもらった時の喜びは、

保育園の時、絵上手だねと褒められた時のあの高揚感そのものです。

今でもはっきり覚えてる。。。

嬉しかったぁ。。。

今もその嬉しさのためにやっているようなものです。

でも買い手の顔が見れる分、
下手なもの渡せないという緊張感もあります。

今はもう園児ではなく

立派なシェフ!

ちがう、
「考え頭」と「作り手」ですので
皆さんの日々の暮らしに役に立ち
心地よく、そしてステータスを生む道具をしっかり提供します。

「考え頭」

ん?

※「考え頭」とは
素材を実際に加工しモノを物理的に作るのを「作り手」と言った場合、
「作り手」の前の行程でモノに「用」を見いだしたり
スタイリングを与えたりする人のことです。

活用例:
はい、私の職業は「考え頭」です。

ぼくは将来「考え頭」になりたい。

彼は有名な「考え頭」です。

私の旦那は「考え頭」をしていました。

時は2016年の車も浮かびそうなこのご時世に
モノづくりは弥生時代に逆戻りするのではあるまいな、
「考え頭」と「作り手」

どっちも大事でございます。

訳の分からない世界に入ってしまい申し訳ありません。

それでは2つのイベントでお会いできることを
楽しみにしすぎて熱を出さないように待っています。

xxxxxxxxxxx

クラフトフェア飯田
5月21日(土)22日(日)
http://www.iida-craft.org/

立山Craft
5月28日(土)29(日)
http://tateyamacraft.wix.com/tateyamacraft