weld supply co.

The Journal

JOURNAL #90

2019.04.28


「胸の中のテトリス」

ご無沙汰です。
しばらくずっとオンラインストアオープンに向け準備に忙しくしておりました。以前、オンラインストアを短い期間オープンしていたのですが、
すぐやめました。

何故やめたかって?

例えて言うなれば、
オンラインストアオープンを船出とするならば、
我々が乗り込んだ船がダサいと思い始めてしまったからです。
そう思うと漕いでて恥ずかしい恥ずかしい。

ダサいは柚子胡椒みたいにほのかに感じられるくらい入れるのがテクであります。

にも関わらず当時作ったサイトは、
その時の流行りに思いっきりのっかった形で作ってしまったので
恥ずかしくて精神的に赤面状態だったのでやーめた。
やめたのです。
自分の気持ちの問題。

今回は長く使えるように機能性も向上させて、
ユーザビリティも考慮しながら、
仲間と日々せっせと作っている真っ最中であります。

WEBサイトを作るというのは本当に大変なものです。
はじめに設計図をイメージして、
どうゆう使い方がいいか考えたり、
写真をどうするかとか、
各種パーツのグラフィックをしたり、
あらゆる契約をしたり、
メールの設定をしたり、

あぁ数ヶ月間トライアスロンをしている感じ。鉄人レースです。
本当にあらゆることしなければいけません。

でもふと思い出したことがあるんです。
それは小学生の時に弟とやっていたゲームの中のお話。

そのゲームはいわゆるアクションRPGなのですが、
そのストーリーの中でマシーンゴーレムを育成できるコンテンツがあったのです。
これがなんとも哲学的で至高の出来だと、今思えるのです。

そのゴーレムの育て方というのが、
一般的なゲームのような育成方法ではなく、
ゴーレムの胸を開けると、
マスの目のようなグリッドで仕切られた空間があるんです。

ここにテトリスと同様のスキルを組み込んでいく。
火属性の敵を倒すと火属性攻撃が使えるテトリスのパーツがもらえて、
それをゴーレムの胸のグリッドにはめると、
ゴーレムが火炎放射ができるようになる、
と、こういったコンテンツです。

しかも
テトリスのようにパーツの形が様々で上手に組み合わせれば、
より多くの多様な攻撃ができるようになるのです。

しかもしかも
より強い敵を倒すと、
それこそテトリスの一つのブロックのように
4つの四角で構成されているスキルが、
2つや1つの四角でできたスキルが手に入るのです。
これはグリッドにスキルを埋めるには非常に効率が良く、
多様な攻撃が得られ、なおかつ省スペースなので
より多くのスキルを入れることができるのです。

いやぁ良くできてる。

そんな私のゴーレムの胸の中は真っ赤な全火属性。
バカ丸出しである。

弟のゴーレムはバランスよくメインの属性をレイアウトして、
その隙間を縫うように回復や魔法系が隙間なく敷き詰められているのを見て、
小学生ながら何かを達観したように感じました。

恥っず。

俺のゴーレム恥っず。

弟は兄ちゃんのゴーレムかっこいいねって笑っていたけど、
その表情は私、兄を遥かに凌駕する才能を湛えていたのであります。

今の社会で生きる私たちはまるでこのマシーンゴーレムだ。

日本は一本気、この道!ってところが良さでもあるけど、
明らかに時代は多彩性を求めているのであります。

これ一筋って時代でもなければ、
縁の下の力持ちって時代でも無くなってきてしまっている。
少し悲しいから皮肉を込めた表現をするならば、
縁の下の力持ちの上に乗っかってジュリアナ東京を踊りまくる人が勝つ。。

これに関しては何ともアレだけど、現実はそうであると言える。

まあでも気楽に考えると、
今できることに枝葉をつけて横軸縦軸に展開して多彩性を演出すれば、
それこそ雇用されている人であればキャリアアップや
給料アップにも繋がるだろうから色々できるに越したことはないわけだ。

現実世界で考えれば、
インターネットの情報で得たスキルパーツと
現場まで行って体験したスキルパーツは四角の数や形は違ってくるだろう。

今自分の胸に埋まっているスキルパーツを見つめて、
それとは違ったスキルを入れてみようでもいいし、

より濃密な経験値を得ることで
スキルパーツのサイズを小さくしてより多くのスキルを入れてみようでもいいし、

自分の胸の中に今何があるのか。
ここに何を新しく入れたらいいのか。
自身の環境の中で何が足りていないと感じるのか。

この心を持たないマシーンゴーレムを想像すると面白いかもしれない。

「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである」
ダーウィン

さあ、その胸の中を何で埋め尽くそうか。

<イベント出店情報>
5/5 杜の宮市 (愛知県一宮市)
http://www.miyaichi.net/

5/18,19 クラフトフェア飯田(長野県飯田市)
https://www.iida-craft.org/

6/1,2 くらふてぃあ杜の市(長野県駒ヶ根)
http://morinoichi.net/


© 2018 WELD SUPPLY CO.