weld supply co.

The Journal

JOURNAL #89

2019.03.01


「自分だけに流れる時間」

こんにちは。

すっかりあたたかくなってまいりました。

私たちがアトリエを構える名古屋市天白区は、川が流れ公園もたくさんあるので、

これからの季節が本番といったところです。

少しづつ堤防に緑が増えていく度に気分も高揚します。

昨年は色々と多忙だったため季節を感じることなく過ぎてしまったので、

今年こそはこの街を使い倒していきたいと願ってやまないのです。

さて先日まで私たちはグローバルゲート内garageNAGOYA様で

初めてのPOP-UPをさせていただいておりました。

改めまして、ご来場いただいたお客様や友人の皆様

誠にありがとうございます。

なかなかアクセスしにくい場所にも関わらず、

連日のように友人達がお見上げを持ってきてくれて、

本当に心から嬉しく思いました。

まだまだな私たちにとっては友人達や常連のお客様が

本当に心の支えになってくれています。ぐっとくるのです。

立地もあってか平日はお客様も少ない印象でしたが、

それでも毎日少しづつでも商品をお届けできて、

家具類も動かせたので、今後計画段階だったあらゆる事柄を進行していけそうです。

私は週末しか店頭に立てなかったのですが、

それでも自分が欲しいものを作っているので、

それをお客様に伝えるのは自分勝手に楽しいのです。

徹底的にマーケティングするわけでもなく、

流行りモノの枠に押し込みたいわけでもないので

要は自分でデザインして、自分達で作って、自分で自慢しているのです。

そうやって客観的に見てみると

顔から火が吹き出しそうなくらい激しく恥ずかしいですが、

恥ずかしいものを作っているつもりは到底無く、

かなりの自信を持ってオススメはしています。

ただウキウキはしているのだろう。

(気持ち悪いので私はやっぱり接客に向かないのです)

何がともあれ、無事にPOP-UPを終えたので

ルーティーン人間の私は、

また以前のサイクルに早急に戻すために

ベッドの上でYOUTUBEを開いて缶ビールをやっているのである。

突然ですが私は短期的にあらゆるものにどハマりする性質を持っています。

1年前くらいは日本史を、少し前は日本美術史、ちょっと前は日本刀、

今は宇宙開発に相当な勢いでハマっています。

いやハマっているというより、すでに落ちています。

メンバーとの打ち合わせでも、その時ハマっているものから例え話を繰り出すので、

「はい、始まった」「出た出た」というように、

気持ちよく無視されております。

今は毎日、寝る前に宇宙の謎やロケット技術、天体の気象など

見境なく調べ漁っています。

もっぱら今の私のテーマは、

太陽にも寿命が当然のごとくあり、いずれ地球は今の生命を維持することは不可能となるのに、

果たして何のために私は生まれ、そして働き、そして子孫を残すのだろう。です。

我ながら非常に崇高な科学から哲学にも及ぶ世界へ挑んでおりますが、

これまでどハマりしてきたものの中で何一つとして結論を出せていないところが、

私の愛くるしいところであります。

そんな折、またいつものように動画を身漁っていると、

一人の若い技術者のインタビューに目が止まりました。

「この帆を、ですね(んふ)遠心力で(んっふ)宇宙空間で(んふふ)広げるんです(プププっ)」

何がそんなに面白いのか。

全然隠せてない。

この方、ニヤけ過ぎてウキウキを通り越しています。

そう思って見てみると、

日本人、外国人関係なくみんなニヤニヤしているのです。

心底、宇宙に惚れ込んでいるのである。

俺、こうゆう人たち好きだぁ。。。

先日はやぶさ2がリュウグウへのタッチダウンに成功しました。

ニュースでは村本さんと高須委員長のツイッターでの泥試合で薄っすらしてしまいましたが、

すげぇことなんやけどね。。。

世間ではマジョリティやらマイノリティやらと騒ぎ立てておりますが、

そんなこと、マ・ジ・で・どーーーーーでもいい。

と私は胸を張って痛烈に言ってやる者です。

私は何かにのめり込んでいる人が好きなのである。

外見的な何かや、立場的な何かではなく、

結局は個人的に好意をいただけるかどうかなのだから。

好きなことを話す目で一瞬でわかるのです。

何を隠そう、私も世間様から見れば変態となるのです。

木工家と一緒に木肌を撫で回し、

チェリーとメープルは自分のタイプの女の子だの、

ウォールナットとは付き合えるけど、結婚はできんだの、

カスな会話を日々繰り広げ、

木をこの子と言い出したらもう手の付けようがなく、末期である。

しかし好きなのである。としか言いようがない。

お客様と話していてつくづくそう感じていたのです。

Yahoo!ニュースやツイッターを開いて、

「なんだー!お前は!」

「お前こそなんじゃー!文句あるかー!」

「おのれー!お前みたいなんはこうしてやる!」

なんて、みっともないチャンバラごっこを眺めてハラハラして、

あっ

2019年がもう2ヶ月終わってもうた。

なんて感じている殿方、ご婦人の皆々様、

しっかりと上質なもので生活空間を整えてごらんなさい。

重厚感のあるテーブルにこだわりの陶器で、

椅子にゆったり座って、あたたかい紅茶を一口やれば、

あなただけに流れる豊かな時間を取り戻すことができますよ。

と私は胸を張って痛烈に言ってやる者です。

この度は本当にご来場ありがとうございました。

今後も色々と計画しているので、またインスタ等でご報告させていただきます。

それでは良き春に良きスタートを。

© 2018 WELD SUPPLY CO.